NXP Semiconductors : Pressure sensor : MPXA4250A

Manufacturer nameNXP Semiconductors
Category1   Sensor
Category2 -                        
Category3 A/D converter
Conmponents Classification  Pressure sensor
Model NumberMPXA4250A      Datasheet   

Overview

The MPXA4250A manifold absolute pressure (MAP) sensor for engine control is designed to sense the absolute air pressure in the intake manifold. This measurement can be used to calculate the amount of fuel required for each cylinder.

エンジン制御用MPXA4250Aマニホールド絶対圧(MAP)センサは、インテークマニホールド内の絶対的な空気圧を感知するように設計されています。この測定値は、各シリンダーに必要な燃料の量を計算するために使用することができます。

Features

  • Up to 1.5% error in the range of 0°C to 85°C
  • Specially designed for intake manifold. absolute pressure detection in engine control systems.
  • Patented silicon shear stress strain gauge.
  • Temperature compensation from -40 °C to 125 °C is possible.
  • Weight and volume can be reduced compared to existing hybrid modules.
  • Durable epoxy resin unibody elements or thermoplastic resin small surface mount packages are used.
  • Ideal for non-automotive applications.
  • Three types of small outline packages and two types of unibody packages are available.
  • 0℃~85℃の範囲で最大1.5%の誤差
  • エンジン制御システムのインテークマニホールド絶対圧検出用に特別に設計されている
  • 特許取得済みのシリコン剪断応力ストレインゲージ
  • -40 °Cから125 °Cまでの温度補償が可能
  • 既存のハイブリッドモジュールと比較して、重量と体積の削減が可能
  • 耐久性に優れたエポキシ樹脂製のユニボディ素子、または熱可塑性樹脂製の小形表面実装パッケージを採用
  • 自動車以外のアプリケーションに最適
  • 3種類のスモールアウトラインパッケージと2種類のユニボディパッケージを用意

Application

  • Turbo Boost Engine Control
  • It is ideal for microprocessor and microcontroller based systems.
  • ターボブーストエンジン制御
  • マイクロプロセッサやマイクロコントローラベースのシステムに最適です。
OSS-EC Site